出会い系情報

サクラは絶対に直アドを教えない

投稿日:

サクラは絶対に直アドを教えない

出会い系サイトを利用していて男性の敵というと、サクラということになりそうですね。

サクラもとても手が込んでいて、なかなかサクラと分りにくく、サクラを見破れない男性も結構いるようです。

サクラに出会ってしまうと、料金の無駄、時間の無駄があり、それよりきついのが精神的なダメージです。

信じて、楽しくメールのやり取りをしていた女性がサクラだったら、男性だってやっぱりショックと腹立たしさで嫌になってしまいますね。

サクラも機械がメールを送っているようなサクラなら、2通目ぐらいからおかしいと感じます。

しかし、個人に張り付き型のサクラの場合は、ちょっと見極めが難しくなります。

そこで最後は直アドの交換をすることが見極めにはとても効果的です。

サクラが絶対できないことはメールアドレスを教えることと、自分がサクラだったということを相手に言う事です。

メールアドレスを教えてしまったら、もうサクラのいる意味がなくなってしまいますので有り得ません。

直アド交換をしたいと言っても、なんだかんだと理由を付けて教えません。

多くの理由は「もう少し安心できるまで待って欲しい」ということが多いようです。

例え男性から「サクラだよね」と言われても「私はサクラです」ということは、絶対にどんなことがあっても言ってはいけないことになっています。

ですから、最後の最後まで理由をいろいろ作ってでも、絶対にアドレスを教えません。

ある例では、アドレス交換は会ってからにしようと言われ、会うためにはもう少しお互いを知るためにメールのやり取りしようと言われ。

とことんたってから、デートの場所決めや服装などの約束をするのに、散々ポイントを使わされ。

最後はドタキャン。

それまでにもどれだけポイントを使わされたか分からないという、散々の体験を聞いたことがあります。

そんな思いをしないように、早めに直アドを聞いて、教えてくれない女性はサクラと見なすぐらいの勇気を持ちましょう。

やっと知り合った女性だと思うと、ついついサクラと見なすことができない人もいます。

しかし勇気を持って直アドを聞くことで、サクラ回避をしていきましょう。

-出会い系情報

Copyright© 出会い系を利用する女性を研究 , 2021 All Rights Reserved.