着ない服が大量にありますが捨てられません。どうしたらいいですか?

着ない服が大量にありますが捨てられません。どうしたらいいですか?

いつのまにかクローゼットに溜まった洋服。

全然着ていないけど、まだ綺麗だし捨てるのがもったいない、ということはありませんか?

また、処分したいけどなかなか手が付けられないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、もう着ない服をお得に手放す方法をご紹介します。

3年着ていない服は思い切って処分しよう

タンスの肥しが溜まらないようにするには着ない服を処分するルールを作ると良いです。

例えば、3年着なかったら思い切って手放すルールがおすすめです。

3年経っているとさすがにトレンドも変わっていますしデザインが古くなっていることが多いものです。

1年着なかったら捨てた方がいいという意見もありますが、その年の気候によって着たり着なかったりもありますので、3年を目安に買い替えを行うと良いでしょう。

着ない服の処分の仕方には色々ある

着ない服を処分する方法はいくつかあります。

  • 捨てる
  • 古着屋に売る
  • フリマサイトで売る
  • オークションサイトで売る
  • 寄付する

一番簡単なのは捨ててしまうというやり方です。

地域のルールに従って捨てるようにしてください。

また、近所の古着屋さんに売りに行くのも1つの方法です。

もし状態が良いものだったら思った以上の高値で買い取ってくれるかもしれません。

おすすめの方法はフリマサイトやオークションサイトで自分で販売する方法です。

古着屋さんで売るよりも高値で売ることができますので、ちょっとしたお小遣い稼ぎになりますよ。

フリマサイトで売る

メルカリやラクマなどのフリマサイトで販売する方法です。

フリマサイトには20~40代の女性ユーザーが多くいますので特にデパートに出店しているようなキャラクターブランドがよく売れます。

デメリットは送料込みでの出品となりますので販売価格が高くなってしまうこと、手数料が高い点です。

オークションサイトで売る

ヤフオクなどのオークションサイトで売る方法です。

ネットオークションの場合、思ったより高値で売れることもあるのがメリットです。

デメリットは女性ユーザーが中心帯ではなく、幅広いユーザーがいる点です。

そのため、メルカリよりも安くしないと売れない商品もあります。

逆に、安くしかうれなさそうな服をダンボール1杯分などとまとめて出品すると業者の人が買ってくれたりします。

寄付するのも1つの方法

着ない服を寄付する方法もあります。

寄付された服は海外の人に寄付されたり、繊維の材料として使われたりさまざまです。

寄付団体に送る方法もありますし、洋服のブランドによってはショップに回収ボックスを設けているブランドもありますのでお買い物のついでに寄付してきてもよいでしょう。

洋服を売ったお金で新しい洋服を購入できるかも

着ない服を賢く売れば思わぬお小遣いとなり、売ったお金で新しい洋服を購入できるかもしれません。

服を賢く処分しておしゃれをもっと楽しみましょう。

リファレンス※ファッションレンタル|ADORABLE-PIRPORT2012

2021/03/26

ファッションレンタル情報

背中の汗が気になる、対策ってどうしたらよい?

背中の汗が気になる、対策ってどうしたらよい?

着る服での工夫 夏場になると、背中や脇の汗が気になってくるものです。 グレーや薄い色の洋服…

2021/03/26

ファッションレンタル情報

ベリー ショートの髪型に似合うファッションはなんでしょうか?

ベリー ショートの髪型に似合うファッションはなんでしょうか?

ベリー ショートはボーイッシュな印象も強く、男性に見えるような女性といった感じの雰囲気とな…

2021/03/26

ファッションレンタル情報

ファッションセンスがない!どうしたらよい?

ファッションセンスがない!どうしたらよい?

近くの人を真似してみる ファッションセンスがない人は、何を着ていいかよくわかりません。 そ…

2021/03/26

ファッションレンタル情報

山ガールファッションでユニクロのおすすめはなに?

山ガールファッションでユニクロのおすすめはなに?

お洒落と自然と素敵な雰囲気を楽しめるアクティブな山ガールは、ファッションと実用性を意識し…

Copyright© 出会い系を利用する女性を研究 , 2021 All Rights Reserved.